〜犬の肥満を治すための基礎知識〜

MENU

 

肥満気味の愛犬には、適切なダイエットが必要です。

 

肥満による健康への悪影響を考え、早く痩せさせたいという気持ちになるものですが、急激なダイエットは愛犬の負担となります。急激なダイエットを避けた方がいいその理由とはどのようなものなのでしょうか。

 

体重計に乗る犬

 

ダイエットは長期戦で!急激なダイエットは愛犬の負担に

 

肥満気味の愛犬を見て、できるだけ早く痩せさせたいと思うのは当然のことです。食事の管理や運動などがダイエットに効果的ですが、無理なダイエット、急激なダイエットは愛犬の負担になってしまいます。

 

リバウンドしてしまう

 

急激なダイエットによって一時的に体重がグンと減っても、すぐにリバウンドしてしまうことがあります。リバウンドしてしまうと、以前の体重以上に戻ってしまうということも珍しくありません。

 

急激なダイエットのデメリットは、脂肪以外の重要な筋肉までも落としてしまうことです。筋肉はエネルギーの代謝に必要なもので、脂肪燃焼には欠かせません。

 

その筋肉が落ちてしまうことによって、なかなか痩せない、痩せにくい体質へと変化してしまうのです。

 

愛犬へのストレスが心配

 

急激なダイエットが及ぼす影響は、愛犬の体だけではありません。ストレスや食事が十分にもらえない不満から、無駄吠えなどが始まります。そこで飼い主さんが根負けして、おやつを与えてしまうという、リバウンドへの無限ループに陥ってしまうことが多々あるのです。

 

また、他の犬の食事を盗み食いしたり、家の中にある食べ物を勝手に食べてしまうなどの行動に出ることがあります。急激なダイエットは愛犬の心にも悪影響を及ぼすため、長期戦で向き合っていくことがとても重要なのです。