〜犬の肥満を治すための基礎知識〜

MENU

生活習慣や食事などにより、肥満傾向にある愛犬が増えていると言います。実はそれらの理由以外にも肥満になりやすい犬種があり、特に注意しなければならないとのこと。では肥満になりやすい犬種とはどのような犬種なのか、またその理由とはなんなのでしょうか。

 

肥満になる原因

 

愛犬が肥満になってしまう原因はさまざまです。犬は飼い主が与えた分だけ食べてしまうため、食べ過ぎによる肥満やおやつの与えすぎ、なかなか散歩に行けないために起こる運動不足、なんらかの病気によるもの、避妊や去勢による体重増加、加齢によるものなど、その理由もさまざまです。

 

それら原因なかでも忘れてはいけないのが犬種による肥満。肥満になりやすい犬種がいるため、より一層の健康管理が必要です。

 

柴犬

 

肥満になりやすい犬種とは

 

肥満傾向に陥りやすい犬種が存在します。愛犬がその犬種に当てはまっている場合は、愛犬の適正体重や1日の理想的な摂取カロリーをきちんと把握し、健康や体重の管理をあげてください。

柴犬、アメリカン・コッカー・スパニエル、フレンチ・ブルドック、バセット・ハウンド、ダックスフンド、ビーグル、パグ、スコティッシュ・テリア、ラブラドール・レトリーバー、シェットランド・シープドック、ゴールデン・レトリーバー、ウエストハイランド・ホワイトテリア、ミニチュア・シュナウザー、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、ウェルシュ・コーギー、ボストン・テリア、秋田犬、シーズー、ダルメシアンなど

 

肥満になりやすい犬種が存在する理由とは

 

肥満になりやすい犬種は、その昔、祖先からの生活習慣や働きによる遺伝子が大きく関係していると言われています。これらの犬種はその昔から、運動量が多く走り回り、人間と一緒に働いてきた歴史があります。

 

運動量は多い犬種は食欲も旺盛であり、筋肉もしっかりと付いています。与えられた栄養素をしっかりと溜め込もうとするするため、肥満になりやすいと言われています。その他肥満の原因についてはこちら