〜犬の肥満を治すための基礎知識〜

MENU

 

愛犬がいびきをかいていると心配する飼い主さんがいます。私たち人間もいびきをかきますが、それはなんらかの原因によって引き起こされるもの。いびきをかいているとどのような影響を与えているのか気になります。愛犬のいびきについて調査します。

 

いびきの仕組み

 

眠る犬

 

いびきとは、口や鼻から出る音のことで、眠っているときに起こります。眠っていると気道が狭くなり、狭くなった気道を空気が通る際抵抗が起こり、のどが振動します。それによって音が出るという仕組みです。

 

いびきをかいている愛犬。どんな原因があるの?

 

愛犬がいびきをかいている場合、どのようなことが原因と考えられるのでしょうか。その主な原因がこちら。

  • 肥満
  • 鼻の短い犬種
  • なんらかの病気によるもの

 

肥満の場合、のど周辺に脂肪が付きすぎてしまい、気道が圧迫されいびきが出る場合がほとんどです。またアレルギーなどを持っている場合、ハウスダストや花粉、そして人間が吸っているタバコなどに反応する場合もあります。

 

パグやブルドッグなど、生まれつき短い鼻を持っている犬種はいびきをかきやすい特徴があります。もともと短い鼻によって空気の通りにくいため、あまりにひどいいびきや急に大きないびきをかき始めたなどの症状がなければ、放っておいていい場合もあります。

 

いびきによる悪影響とは

 

獣医師

 

放っておいても構わないいびきもありますが、なかには注意しなければいけない場合もあります。どのような危険が潜んでいるのでしょうか。

 

肥満による心臓病

毎日の食事により肥満を引き起こし、心臓肥大が疑われる場合も。犬はかかりやすい病気のため注意が必要です。

 

軟口蓋過長症

軟口蓋過長症は先天性の病気で、ブルドッグやシーズー、パグなどの鼻の短い犬種に多く見られます。

 

気管虚脱

気管虚脱は気管が変形したりつぶれたりしてしまい、空気の通り道が極端に狭くなってしまう病気です。

 

これらの病気は大変危険な状態になる場合もあるので、いびきをかいているなと思ったら獣医師に相談を。特に急にいびきが激しくなった、息苦しそう、明らかに異常のあるいびきなどの症状が見受けられたら、早めに受診することをおすすめします。