〜犬の肥満を治すための基礎知識〜

MENU

 

避妊や去勢を行うと、太りやすくなってしまうという話をご存じでしょうか。手術後、愛犬が太りやすい体質へと変化してしまったと困惑している飼い主さんがいるようです。避妊・去勢手術と肥満の関係性について見ていきましょう。

 

手術室

 

避妊や去勢術は肥満と関係があるのか

 

避妊や去勢手術を行った愛犬は肥満になりやすいという話があり、心配している飼い主さんもいることでしょう。避妊や去勢手術を行った愛犬は太りやすくなるというのは事実であり、そのリスクは手術を行っていない愛犬と比べ、2倍以上にも及ぶというデータがあります。どの理由はこのようなことが考えられます。

  1. 基礎代謝量の低下
  2. 食欲の増加
  3. 必要エネルギーの減少

 

道具

 

これらの原因はすべてホルモンの変化へとつながります。手術によってホルモンが原因によるさまざまな病気を予防することができますが、それとが別に、ホルモンの変化により、体質にも変化をもたらすのです。

 

ホルモンの変化により、食欲が増加します。けれど、基礎代謝は減少、おまけに必要なエネルギー量も減少しているため、食べた分をエネルギーとして消費できない。それにより肥満が増加してしまうわけです。そのため、肥満や去勢手術後は食事の量の調整や、こまめな肥満チェック、運動、食事内容の見直しが重要となってきます。