〜犬の肥満を治すための基礎知識〜

MENU

肥満の原因の多くは食事と運動不足によるもの。どのような食事を与えているのか、それはとても大切なポイントです。愛犬の健康を考えた食事を用意するためにも、肥満になりやすい食事とはどのようなものなのかを理解しておきましょう。

 

炭水化物の多い食事

 

ポテト

 

犬はもともと肉食の動物です。そのため、歯並びや消化器官など、人間とはまったく違います。炭水化物はエネルギーになる栄養素のひとつですが、犬にとっては消化しにくく、肥満になりやすいと言われています。

 

動物性タンパク質を多く摂取すべきですが、質の悪いドッグフードや安さばかりを追求したドッグフードの場合、穀物を多く配合し、かさ増ししている場合もあります。ドッグフードの原料はしっかりとチェックすべきでしょう。

肥満犬に適したダイエットフードについてはこちらで解説しています。

 

脂質の多い食事

 

愛犬にとっても、人間と同じように炭水化物・脂質・タンパク質の三大栄養素が必要です。中でも愛犬にとって一番大切なのはタンパク質であり、それも動物性タンパク質が必須です。

 

脂質も重要な役割を果たす栄養素ですが、肝心なのはその質であり、良い脂質である不飽和脂肪酸を適度に与えてあげることが大切。過剰な脂質の摂取、または質の悪い脂質の摂取は肥満に繋がってしまいます。

 

いつまでも若い時と同じ内容の食事

 

愛犬の肥満の原因はさまざまですが、その中に年齢による原因が含まれています。犬も人間と同じで、年齢を重ねるとともに基礎代謝が落ちてきます。そのためエネルギーを消費しにくくなるのです。

 

若犬の時と同じような食事をいつまでも与えていると、カロリー摂取過多になり、肥満の原因にもなると言われています。年齢に合わせ、食事内容も変化させていく必要があります。