〜犬の肥満を治すための基礎知識〜

MENU

最近肥満傾向にある愛犬が多くなってきていると言います。肥満はさまざまな病気やトラブルにつながることが多々あるため、飼い主は肥満気味にならないように、愛犬の健康管理はしっかりとしてあげなくてはなりません。では、肥満気味になるとどのような危険があるのでしょうか。

 

糖尿病

 

関節炎などの危険

 

体重が重くなると、その重みを支えるために体の関節に負担がかかるようになります。そのため関節炎の症状がみられるようになり、関節炎の痛みのためあまり動かなくなる、そしてまた肥満へという風に、負のスパイラルに陥ってしまうため、注意が必要です。

 

歩き方がおかしい、歩いてもすぐに止まる、気になる関節をずっと舐めている、食欲不振、階段をのぼることが出来ないなどさまざまな症状が現れます。またヘルニアも良く見られる症状で、胴長であるダックスフンドは発症しやすいと言われています。

その他、肥満と犬種の関係についてはこちら

 

糖尿病になる危険

 

糖尿病は人間だけでなく、愛犬にも発症することがあります。血中の糖濃度が多くなってしまうこの病気は、ホルモンの一種であるインスリンの分泌不足によって起こる病気です。進行すると失明や白内障の恐れもある大変危険な病気です。

 

肥満は糖尿病への第一歩のため、注意しなければなりません。水をたくさん飲み始めたり体重の増減が激しかったり、その兆候がみられたらすぐに受診を。

 

呼吸器系や心臓など臓器への負担

 

肥満気味になると、過度に付いた脂肪により、息をするための気道が圧迫され、呼吸がしにくくなります。人間にも良くある睡眠時無呼吸症候群が犬にも生じるのです。

 

寝ている間に呼吸が一定時間止まってしまう症状ですが、愛犬にもその症状が現れます。睡眠中にいびきをかいたりはしていないか、チェックすることも大切です。また体中に血液を送りだすポンプのような働きをしている心臓にも、かなりの負担がかかり心臓の弁にトラブルが起きる危険性もあります。