〜犬の肥満を治すための基礎知識〜

MENU

 

総合栄養食としてのドッグフードは、さまざまな栄養素を豊富に含んでおりとても便利。ですが、ここ最近飼い主が自分で手間をかけ作る手作りごはんがとても人気。

 

手作りごはんレシピ本や手作りごはんキットなども登場しています。肥満予防にも効果があると言われるそんな手作りごはんの人気の秘密とは。

 

手作りごはんのメリットとは

 

料理する女性

 

ここ最近の手作りブームにぴったりとハマッたと言える手作りごはん。手作りごはんにはこのようなメリットがあります。

  • 飼い主の愛情が感じられる
  • 原料や素材がはっきりと分かる
  • その日の体調によってメニューを変えられる
  • カロリー調整が簡単で肥満予防に効果的
  • 素材から水分をしっかりと摂れる
  • 季節の食材を使用した季節感を感じることができる
  • 添加物の心配がない

 

このように手作りごはんには、市販のドッグフードにはない魅力やメリットがあります。

 

手作りごはんのデメリットとは

 

手作りごはんにも、メリットがあればデメリットもあります。そのデメリットがこちら。

  • 手間がかかる
  • 思ったよりも予算がかかる
  • 栄養バランスの調整が難しい
  • 犬が食べていいもの悪いものの知識が必要
  • 保存がしづらい

 

これらのデメリットの他に、手作りごはんの美味しさを知り、市販のドッグフードを食べなくなってしまう愛犬もいるようです。旅行や誰かに預けた場合など、手作りごはんが作れない環境になった時、ドッグフードで対応できるように躾けておく必要があります。

 

このようにメリット、デメリットどちらもある手作りごはんですが、手作りであれば愛犬の体調や好み、そして細かい部分などに手を加えることができる分、肥満気味の愛犬の肥満解消には有効な方法であると言えます。

 

さっそく作りたい手作りごはん

 

ささみ

 

犬にとって必要な栄養素は何をさておき良質なタンパク質であることは間違いありません。そのため主食となるのは肉。ダイエットを行っているなら、魚を使用してもOKです。

 

肉や魚、卵などの動物性タンパク質と、豆類などの植物性タンパク質をバランス良く。それらの食材に緑黄色野菜をプラスしビタミンミネラル食物繊維を摂取できるようにします。

 

大切なことは、米などの炭水化物は控えめにするということです。塩などの味付けはいりません。

 

絶対に使用してはダメなNG食材

 

手作りごはんを作る際は、使用してはいけない食材があります。命にかかわることもあるため、チェックしておきましょう。

  • ネギ類(ネギ・ワケギ・タマネギ・ニラ・ラッキョウ・ニンニクなど)
  • カカオ類(チョコレート・ココア)
  • ブドウ(レーズンも含む)
  • アボカド
  • ナッツ類
  • アルコール
  • 魚介類(アワビ・するめ・イカ・タコ)
  • 生肉
  • カフェインの多い食材

 

あまり多く摂りすぎない方がいい食材などもあり、その数は書ききれません。事前にしっかりと確認しておいてください。

 

このような危険な食材を事前にチェックしておけば、さまざまな融通が利くのは手作りごはんのいいところ。愛犬のために摂取カロリーや栄養素絶妙にコントロールすることができることは肥満改善のためのスピードアップにつながります。